株式会社協同インターナショナル

English
お問い合わせ
  1. 協同インターナショナルHOME
  2. 食品(世界の生ハム/サラミその他)
  3. 弊社の食品事業について

弊社の食品事業について

株式会社協同インターナショナル

株式会社協同インターナショナル

日本日本

概要

食品部は世界の美食を日本の食卓へとの思いで20年前にスタートしました。

今や本場イタリアからプロシュットやサラミなど、スペインからハモン・イベリコ、ハモン・セラーノ、チーズなど、ドイツからシンケンなど、アメリカからプロシュットやその加工品、サラミを輸入しております。日本では国産生ハムを製造しております。
これら製品は皆様にご愛顧いただき、トップシェアを誇っております。

世界の一流品を日本の皆様に日夜お届けすることが私どもの使命であります。

沿革

1984
食品開発課として、フランス風生ハム、ソーセージの販売開始。
1986
食品部に昇格。
1987
初めてドイツのサンデスト社からスモークタイプの生ハムを輸入。
後、スイス・スピース社のドライタイプの生ハムに切り替える。
1991
宮崎県都城市で生ハムの専門工場をスタート。
1992
アメリカ・ボルピーからイタリアの伝統的製法で作られた本格的プロシュットを輸入。
全国のイタリアンレストランに販売開始する。
1996
生ハムのルーツ・イタリアのガローニからパルマプロシュットを輸入開始。
1999
イタリアのビラーニからサラミを輸入開始。
2000
スペインのエスプーニャからハモン・セラーノを輸入販売開始。これで世界の代表的生ハムの品揃えが完成。この間、アメリカからドレッシングも輸入。
2003
チーズ製品のアイテムも揃え、生ハム以外の商品ラインも充実し始める。
2005
スペインハムの王様、ハモン・イベリコを輸入。
2009
ハンガリーの「食べられる国宝」マンガリッツァ豚肉の輸入開始。
2012
オリジナル製品としてブレザオラ(牛生ハム)を自社グループにて製造開始。
2015
イタリア シチリア島より「門外不出の原種豚」シチリア豚肉の本格輸入開始。
2015
株式会社コルティボーノトレーディングを吸収合併し、イタリアのレヴァンテよりオリーブオイル、その他各種イタリア商品の輸入開始。
食品に関する製品・サービスへのご質問・お問い合わせ
TEL:044-866-5975(食品部)
FAX:044-854-1188(食品部)
株式会社 協同インターナショナル
〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-9
PAGE TOP

バイオ

[バイオ研究用 機器・試薬]

  • 核酸
  • 細胞培養・イメージング
  • タンパク質・有機物

[バイオ技術を用いた商品]

株式会社 協同インターナショナル
〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-9
TEL:044-866-5975(食品部)
FAX:044-854-1188(食品部)
食品に関する製品・サービスへのご質問・お問い合わせ
Copyright © KYODO INTERNATIONAL,INC.
all rights reserved.
本サイト掲載の社名ロゴ・製品などは、各社の商標及び登録商標です。
本サイト内のイラスト・写真・文面等をご利用の際はご連絡下さい。