株式会社協同インターナショナル

English
お問い合わせ
  1. 協同インターナショナルHOME
  2. バイオ研究開発向け機材/サービス
  3. 生体機能チップ Organ-on-a-Chip

生体機能チップ Organ-on-a-Chip

Micronit社のOrgan-on-a-Chip は、ガラスとメンブレンによる再封可能な
三層構造チップです。 細胞培養メンブレンの上下に流路チャンバーを形成することで
様々なかん流細胞培養環境を作りだします。

 

ポンプ組み合わせたトータルソリューションを提供

Micronit社の専用チップホルダーには最大4枚までのOrgan-on-a-Chipを搭載することができ、Fluigent社のポンプと組み合わせることで細胞培養のための様々なフロー環境を提供すること可能です。

チューブの繋ぎ方次第で、細胞を個別に管理したり、相互作用を確認したりすることもできます。

生体内に近い環境での細胞培養を

流体、流路内の細胞、組織を置くことで、生体内環境により近い状況での培養が可能になります。また液体-液体培養だけでなく、気体-液体培養といった環境に細胞を曝すことで、皮膚や肺といった組織に近い環境を与えます。

●Organ-on-a-Chip かん流プラットフォームの特長

  • 安定した流体制御が可能
  • 細胞培養効率が向上
  • モジュラー設計で、増設も可能
  • コンパクトサイズで最大4チップまで搭載可能
  • 液体だけでなく、ガスフロー制御も可能

生体内に近い環境でライブセルイメージング

インキュベーターに導入できるレンズレス顕微鏡SENZAと組み合わせてOrgan-on-a-Chipでのライブセルイメージングが可能になります。 明視野、位相差で同時観察ができ、1台で最大同時に24チップの観察が可能です。

分解能 0.5µm
フル解像度時の実視野 3 x 3 mm2
最大実視野 6.4 x 4.6 mm2
位相差精度 ~10nm
最大イメージングユニット数 24

バイオ 研究開発向け機材/サービス

バイオに関する製品・サービスへのご質問・お問い合わせ
TEL:044-853-2958(企画開発室)
FAX:044-854-1979(代)
株式会社 協同インターナショナル
〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-9
PAGE TOP

バイオ

[バイオ研究用 機器・試薬]

  • 核酸
  • 細胞培養・イメージング
  • タンパク質・有機物

[バイオ技術を用いた商品]

株式会社 協同インターナショナル
〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-9
TEL:044-853-2958(企画開発室)
FAX:044-854-1979(代)
バイオに関する製品・サービスへのご質問・お問い合わせ
Copyright © KYODO INTERNATIONAL,INC.
all rights reserved.
本サイト掲載の社名ロゴ・製品などは、各社の商標及び登録商標です。
本サイト内のイラスト・写真・文面等をご利用の際はご連絡下さい。