株式会社協同インターナショナル

English
お問い合わせ
  1. 協同インターナショナルHOME
  2. バイオ研究開発向け機材/サービス
  3. DNA採取キット Oragene®・DNA
  4. スポンジ付DNA採取キット(小児やお年寄りの唾液採取)

スポンジ付DNA採取キット(小児やお年寄りの唾液採取)

タイトル:お子様やお年寄りなど、唾液の採取が困難な方のために「スポンジ付きDNA採取キット OG-575」
写真:スポンジ付DNA採取キット Oragene OG-575
スポンジ付DNA採取キット
Oragene OG-575

スポンジで唾液を吸収・採取し、本体容器の中に唾液を搾り落とします。
綿棒で口腔内壁の細胞を採取する方法とは異なり、口腔内を擦らず、傷つけずに検体を採取することができます。

DNA採取キット Oragene(オラジーン) OG-575の特徴

  • 0.75mlの唾液から平均で約17.5μgの高純度DNAの採取・抽出・精製が可能です
  • 唾液に含まれている白血球細胞由来のDNAを主に採取するため、細菌のDNAの混入割合が少なく、遺伝子解析(PCR、SNPs解析、マイクロアレイ、HLAタイピング、次世代シークエンサー、全ゲノム増幅など)に利用できます。
  • 室温で唾液を数年間保存することができます。(郵送で検体が送れ、保存コストがかかりません。4℃冷蔵での保存はお勧めしません。)
  • DNA採取、保存、抽出、精製が行えます。(精製溶液は別売りです。)
  • 唾液を採取するだけなので、安全かつ簡単に採取することができます。血液採取ができない方、遠方にいらっしゃる方からのDNA回収が容易になります。)
  • 血液採取や綿棒を使っての口腔内細胞採取(スワブ)法のように体を傷つけず、非侵襲的に唾液検体を採取するのでDNA検体の提供が得られやすくなります。

Oragene OG-575検体(唾液)採取方法

  1. Oragene OG-575 検体(唾液)採取方法(1)
    唾液を付属のスポンジで採取
  2. Oragene OG-575 検体(唾液)採取方法(2)
    V-notch(V字型の刻み目)にスポンジを押し当て、唾液を容器に絞り落とします。
  3. Oragene OG-575 検体(唾液)採取方法(3)
    検体を採取し終わったら、フタを閉めます。(Oragene保存溶液と唾液が混ざり合います)
  4. Oragene OG-575 検体(唾液)採取方法(4)
    ロートの部分を外して、付属のキャップを閉めてOragene溶液と唾液を良く混ぜ合わせます。これで保存準備完了です。
*本キットは研究用試薬です。

Oragene™ is a trademark of DNA Genotek Inc, Canada

バイオ 研究開発向け機材/サービス

バイオに関する製品・サービスへのご質問・お問い合わせ
TEL:044-853-2958(企画開発室)
FAX:044-854-1979(代)
株式会社 協同インターナショナル
〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-9
PAGE TOP

バイオ

[バイオ研究用 機器・試薬]

  • 核酸
  • 細胞培養・イメージング
  • タンパク質・有機物

[バイオ技術を用いた商品]

株式会社 協同インターナショナル
〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-9
TEL:044-853-2958(企画開発室)
FAX:044-854-1979(代)
バイオに関する製品・サービスへのご質問・お問い合わせ
Copyright © KYODO INTERNATIONAL,INC.
all rights reserved.
本サイト掲載の社名ロゴ・製品などは、各社の商標及び登録商標です。
本サイト内のイラスト・写真・文面等をご利用の際はご連絡下さい。