株式会社協同インターナショナル

English
お問い合わせ
  1. 協同インターナショナルHOME
  2. バイオ研究開発向け機材/サービス
  3. 細胞培養実験・小動物飼育用高圧チャンバー

細胞培養実験・小動物飼育用高圧チャンバー

細胞培養実験・小動物実験のための高圧環境を作り出します!

高圧チャンバー HP-001 製品仕様
1.本体材質 SUS304
2.使用圧力 0.01~0.30MPa(設計圧力0.70MPa)
3.使用温度 4~40℃
4.内容量 約18L
5.寸法 内径107Φ、高さ210mm
  • 使用圧力についてご希望ございましたら、
    まずはお問い合わせください。

高圧チャンバー HP-001

  • 高圧制御
  • ガス消費量の低減
  • 電源不要
細胞培養実験・小動物飼育用高圧チャンバー

細胞培養実験

高圧チャンバー中央部に設けられたガスレギュレーターで圧力を調整し、チャンバー内を高圧(~0.30MPa)に制御しながら細胞培養ができます。 またプレミックスガスボンベと組み合わせることで、高圧環境かつ低酸素から高酸素まで様々な実験が可能です。 応用例)再生医療:通常の大気圧条件下では血液中の酸素濃度には限界がありますが、高圧にすることで酸素濃度を上げることができると言われており再生医療向けの実験に使用可能です。またHIF誘導実験での使用実績があります。

小動物飼育

小動物を入れるチャンバー部にアクリル材を使用することで、実験時に外部より観察することも可能です。 プレミックスガスボンベと組み合わせることで、高圧環境かつ低酸素から高酸素まで幅広く対応可能です。 応用例)細胞治癒に効果があると言われる、高圧酸素療法の研究に利用可能です。

高圧環境下での細胞培養/小動物飼育イメージ

高圧環境下での細胞培養イメージ
必要とする装置/器材

高圧チャンバー(ガスレギュレーター、送気ホースが含まれています)

この他にガスボンベ(圧縮空気またはプレミックスガスボンベ)が必要です。

付属のシャーレラックにより、簡単にシャーレ本体を取り出せます。
複数のシャーレを入れるオプション

バイオ 研究開発向け機材/サービス

バイオに関する製品・サービスへのご質問・お問い合わせ
TEL:044-853-2958(企画開発室)
FAX:044-854-1979(代)
株式会社 協同インターナショナル
〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-9
PAGE TOP

バイオ

[バイオ研究用 機器・試薬]

  • 核酸
  • 細胞培養・イメージング
  • タンパク質・有機物

[バイオ技術を用いた商品]

株式会社 協同インターナショナル
〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-9
TEL:044-853-2958(企画開発室)
FAX:044-854-1979(代)
バイオに関する製品・サービスへのご質問・お問い合わせ
Copyright © KYODO INTERNATIONAL,INC.
all rights reserved.
本サイト掲載の社名ロゴ・製品などは、各社の商標及び登録商標です。
本サイト内のイラスト・写真・文面等をご利用の際はご連絡下さい。